ママにおすすめの人気ウォーターサーバーの選び方、比較サイト

Vetta【ヴェッタ】ウォーターサーバー選び方ガイド

コラム

輸入ミネラルウォーターの特徴・味は?日本のお水と違うの?

投稿日:

海外自然

 

輸入ミネラルウォーターに興味のある人も多いかもしれません。海外のお水はどんな味なのか興味ありますよね。

 

今回は輸入ミネラルウォーターの特徴や味について解説します。

 

本記事を参考に、普段日本で飲んでいるお水と比較してみるとよいでしょう。

 

輸入ミネラルウォーターは軟水・硬水?

 

私たちが日本でよく飲んでいるお水は軟水と呼ばれるお水。一方海外から輸入されたミネラルウォーターは硬水のものがほとんどです。

 

軟水と硬水の違いについて

 

それぞれの違いは「硬度」によって分けられています。

 

お水1Lあたりのカルシウム・マグネシウム量が120mg未満を「軟水」と呼び、120mg以上のものを「硬水」と呼びます。

 

この基準はWHO(世界保健機関)によって定められているものです。

 

味の違いについて

 

カルシウムとマグネシウムが多く含まれている硬水(硬度の高い水)の味は、口当たり重く苦みを感じるものです。つまり飲みやすいとは言えません。

 

一方硬度の低い軟水は口当たりよく、まろやかで飲みやすい

 

私たち日本人が普段飲み慣れている水道水をはじめ、スーパーなどで売られている日本のミネラルウォーターは軟水ですので、硬水の水は飲んだときに抵抗があると感じる人は多いでしょう

 

軟水と硬水のメリット・デメリット

 

硬水が飲みにくいといってもメリットはあります。軟水と硬水それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

軟水のメリット

 

【赤ちゃんに優しい】

 

マグネシウムを多く含む硬水の場合、赤ちゃんや小さな子供が飲むと胃腸に負担がかかり、お腹を壊してしまうことがあります

 

一方軟水はお腹に優しいため、どんな方でも安心して飲むことができます。

 

【髪がパサつかない】

 

カルシウム・マグネシウムの多い硬水で髪を洗うと、髪がパサついたり、頭皮がつっぱったりすることがあります。

 

【石鹸の泡立ちがよい】

 

硬水は軟水と比べて石鹸の泡立ちがよくありません。

 

軟水のデメリット

 

【ミネラルが少ない】

 

カルシウム・マグネシウムはそれぞれミネラルです。ミネラルには便秘やむくみを解消する効果があります。

 

昔の日本人は海藻や雑穀を食べていたためミネラルが足りていましたが、現在は食の欧米化が進みミネラル不足にあると言われています。

 

日本人には軟水が飲みやすく合っていると言われていますが、その中でもミネラルが豊富なお水を選ぶとよいでしょう

 

硬水のメリット

 

【便秘解消に向いている】

 

女性の方で便秘に悩んでいる人は多いと思います。そこで硬水のお水を飲むことで便秘解消につながるかもしれません。

 

というのも、豊富に含まれるマグネシウムは消化器系に影響を与えるため、便通をよくする効果があると期待されているのです

 

【生活習慣病の予防につながる】

 

カルシウム・マグネシウムといったミネラルが豊富な硬水は、血液をさらさらにする効果があるとも言われています。そのため動脈硬化をはじめとする、糖尿病やメタボリックシンドロームといった、生活習慣病の予防につながると言われているのです。

 

硬水のデメリット

 

【お腹がゆるくなることがある】

 

硬水の豊富なマグネシウムの影響で、お腹がゆるくなる人もいます。

 

【和食に向かない】

 

マグネシウムには独特の苦みがあるため、繊細な味付けを必要とする和食には不向きのようです。

 

輸入ミネラルウォーターは殺菌処理をしない?

 

日本のミネラルウォーターは、ナチュラルミネラルウォーターと言われていても、ろ過殺菌に加え加熱殺菌の処理をおこなっています

 

一方お水の先進国と言われるヨーロッパでは、採水地の水をそのままボトリングしており、殺菌処理をおこないません

 

天然のお水には豊富なミネラルが含まれており、加熱することでミネラルが失われると言われています。

 

コーデックス(CODEX)によるEUにおけるナチュラルミネラルウォーターの基準は次のようになっています。

 

1.水源があらゆる汚染から隔離されていること。また、保護された地下水であること。

 

2.ミネラル成分や採水時の温度が一定であること。

 

3.採水地で直接ボトリングされていること。

 

4.殺菌処理を一切しないこと。

 

5.健康によいと認められていること。

 

つまり、CODEXで殺菌処理をしてはいけないと定められているのです

 

【CODEX】・・・コーデックスと読み、世界的に通用する食品規格です。1962年に国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)によってつくられました。

 

殺菌処理別、ミネラルウォーターの4つの分類

 

日本の場合、農林産省の発表しているミネラルウォーターの品質表示ガイドで、すべての水は殺菌処理をしなければいけないと定められています。

 

ミネラルウォーターの殺菌方法については4つに分類できます。

 

1.ナチュラルミネラルウォーター

 

地中でミネラル分が溶解した地下水で、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしていないもの。

 

2.ナチュラルウォーター

 

ミネラル分の溶解が少ない地下水。沈殿、ろ過、加熱処理以外の処理をしていない。

 

3.ミネラルウォーター

 

地中でミネラル分が溶解した地下水。沈殿、ろ過、加熱殺菌の他、オゾン殺菌、紫外線殺菌、ミネラル分調整、ブレンドなどをおこなったもの。

 

4.ボトルドウォーター

 

飲用可能な水のこと。水道水でもよい。処理方法に限定がない。

 

輸入ミネラルウォーターを紹介

 

現在日本で購入することができる輸入ミネラルウォーターを紹介します。

 

※成分は100mlあたりのものです。

 

コントレックス(フランス)

コントレックス

出典:amazon.co.jp|コントレックス 1.5L×12本 [並行輸入品]

 

【成分】

・硬度:1468mg/L(硬水)

・ナトリウム:0.94mg

・カルシウム:46.8mg

・マグネシウム:7.48mg

・カリウム:0.28mg

・サルフェート:112.1mg

・Ph値:7.4mg

 

ボルヴィック(フランス)

ボルヴィック

出典:amazon.co.jp|キリン Volvic(ボルヴィック) PET (500ml×24本) [正規輸入品]

 

【成分】

・硬度:60mg/L(軟水)

・ナトリウム:1.16mg

・カルシウム:1.15mg

・マグネシウム:0.8mg

・カリウム:0.62mg

・サルフェート:0.7mg

・Ph値:7.0-7.8mg

 

エビアン(フランス)

エビアン

出典:amazon.co.jp|伊藤園 evian(エビアン) ミネラルウォーター 330ml×24本 [正規輸入品]

 

【成分】

・硬度:304mg/L(硬水)

・ナトリウム:0.7mg

・カルシウム:8mg

・マグネシウム:2.6mg

・カリウム:0.1mg

・サルフェート:1.3mg

・Ph値:7.2mg

 

ヴィッテル(フランス)

ヴィッテル

出典:amazon.co.jp|ヴィッテル 1.5L ×12本[並行輸入品]

 

【成分】

・硬度:315mg/L(硬水)

・ナトリウム:0.73mg

・カルシウム:9.1mg

・マグネシウム:1.99mg

・カリウム:-mg

・サルフェート:10.5mg

・Ph値:7.3mg

 

クリスタルガイザー(アメリカ)

クリスタルガイザー

出典:amazon.co.jp|クリスタルガイザー エコボトル500ml [正規輸入品]×48本

 

【成分】

・硬度:38mg/L(軟水)

・ナトリウム:1.13mg

・カルシウム:0.64mg

・マグネシウム:0.54mg

・カリウム:0.18mg

・サルフェート:-mg

・Ph値:7.0 -7.8mg

 

その他の輸入ミネラルウォーター

 

今回紹介した商品の他にも芸能人が飲んでいることで知られる、フランスの「ペリエ」やイタリアの「サンベネデット」といった炭酸水もあります。

 

ただどちらも、硬水のものなので好き嫌いがわかれる味ではあります。

 

まとめ

 

今回は輸入のミネラルウォーターをテーマにお話ししてきました。

 

日本の水と違い硬水の水が多いこと、殺菌処理をしないことについて驚いた人も多いと思います。

 

飲みやすさを重視するなら、日本人が飲み慣れている軟水のもの(ボルヴィックやクリスタルガイザー)がおすすめですが、生活習慣病の予防目的の方は、硬水のものを試しに飲んでみるのもいいかもしれません。

 

 

 

Vettaおすすめママのためのウォーターサーバー3選

フレシャス

フレシャス

おしゃれなデザインのサーバーを次々とリリースしているフレシャス。

美味しい天然水が飲めるのはもちろん、お部屋のインテリアにこだわりがあるおうちや、赤ちゃんや子どものいたずらを絶対に防ぎたいならフレシャスがおすすめです。

女性でも楽々交換できる少量パック、選べるデザインサーバー、子供のいたずらを防止する機能など、ママや家族のことをしっかり考えているメーカーです。

デザイン ★★★★★ どんなお部屋にもマッチするおしゃれなデザインサーバーが選べます

水の料金 ★★☆☆☆ ウォーターサーバーの中では平均的な値段、7.2リットルで1,247円、500mlあたり87円

電気代  ★★★★★ 省エネサーバー
エコモードで330円からと、他社サーバーに比べるとかなりの省エネ設計

水の交換 ★★★★★ 軽量パックで楽々
7.2リットルのビニールパックを本体上部に置くだけでセットできるので、重くなく簡単

アクアクララ

病院や公共施設、オフィスなどでよく見かけるアクアクララ。ウォーターサーバーの老舗メーカーです。

シンプルな従来タイプだけでなく、デザインサーバーも登場して家庭にもぴったりになりました。お水代がとにかくリーズナブルなので、値段を気にせずお水を飲めるのがうれしいですね。

赤ちゃんのいる家庭向けのプランなどもあり、色々とお金のかかる子育て中の家庭には特におすすめのメーカーです。

デザイン ★★★★☆ 好きな色を選べるデザインサーバーのほか、シンプルなタイプもあり

水の料金 ★★★★★ ウォーターサーバーの中では激安、12リットルで1,296円、500mlあたり76円となっています

電気代  ★★★★★ 超省エネサーバー
エコモードで350円程度と、業界最安値の省エネ設計です(アクアアドバンス)

水の交換 ★★★☆☆
12リットルボトルを持ち上げてセットするタイプなので、やや重さを感じますがケースがしっかりしていて持ちやすい

プレミアムウォーター

スタンダードなものからcado、amadanaなどのコラボデザインサーバーも選べるプレミアムウォーター。

実は天然水サーバーの中ではお水代金がダントツに安いんです。子育て家庭を応援するベビープランを利用すればもっとお得に利用できます。

おしゃれなサーバーをリーズナブルに利用したい人にオススメです!

デザイン ★★★★★ デザインサーバー多数
シンプルなものからコラボデザインまでたくさんのサーバーから選べます

水の料金 ★★★★☆ 天然水ウォーターサーバーの中ではお得な値段、12リットルで1,750円~(プラン・契約期間により割引率アップ)

電気代  ★★★☆☆ エコモードで約620円程度と、平均的な値段

水の交換 ★★★☆☆
ウォーターパックに持ち手(取っ手のようになったテープがついている)があるため、比較的交換しやすい

-コラム

Copyright© Vetta【ヴェッタ】ウォーターサーバー選び方ガイド , 2018 All Rights Reserved.