ママにおすすめの人気ウォーターサーバーの選び方、比較サイト

Vetta【ヴェッタ】ウォーターサーバー選び方ガイド

取扱メーカー

水道水ウォーターサーバーが使いやすい理由!注意点とおすすめ製品を紹介

更新日:

 

「ウォーターサーバーの中でも水道水をろ過する製品に興味がある」「美味しいの?」など気になっていませんか?

 

今回はその中でもおすすめの製品や特長をお伝えします。

 

ウォーターサーバーは数多くのメーカーから提供されていますが、本記事を参考に選ぶと後悔しません。ぜひ最後まで読んでみてください。

 

また、数ある製品の中でもおすすめを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

水道直結型と水道水補充型の違いを比較

 

水道水をろ過するウォーターサーバーには「水道直結型」と「水道水補充型(浄水型)」の2つが存在します。

 

それぞれを比較するため違いを表にまとめました。

 

水道直結型 水道水補充型(浄水型)
水の補充方法 水道とサーバーを直接つなぐ 給水タンクに水道水を補充する
工事の有無 必要 不要
設置場所 基本的にキッチン周りに限る どこでも設置可能

 

次に水道水をろ過する水道直結型と水道水補充型のメリット・デメリットを比較しましょう。

 

ウォーターサーバーの水道直結型のメリット・デメリットを比較

 

水道水をろ過するウォーターサーバーの「水道直結型」のメリット・デメリットから比較してみます。

 

◆メリットを比較

  • 水道水ウォーターサーバーのメリット①:お水をタンクに補充する手間が省ける
  • 水道水ウォーターサーバーのメリット②:複数人でも気兼ねなくたくさん飲める

 

◆デメリットを比較

  • 水道水ウォーターサーバーのデメリット①:設置工事に時間がかかる
  • 水道水ウォーターサーバーのデメリット②:サーバーの設置場所が限られる

 

水道をウォーターサーバーに直接つなぐ水道直結型は、水道水補充型(浄水型)のウォーターサーバーと異なり、タンクに水を補充する必要がありません。

 

急いでいるときなど水道水を補充するのはデメリットです。その手間を無くしたいなら、水道直結型の水道水ウォーターサーバーを選んでください。

 

また水道直結型のウォーターサーバーなら、水道水の補充を気にせずガブガブ美味しいお水が飲めます。

 

「家族みんなで美味しい・使いやすいウォーターサーバーを探している」という場合は、水道直結型の水道水ウォーターサーバーが便利です。

 

水道直結型の美味しい水道水ウォーターサーバーには、楽水ウォーターサーバーやウォータースタンドなどがあります。

 

なお、水道水をろ過するウォーターサーバーの水道直結型は、事前工事が必要な点がデメリットです。

 

水道水をろ過するウォーターサーバーの工事期間はメーカーによっても異なりますが、1ヶ月かかるところもあります。

 

工事が終わるまでは待つしかありませんので、その点は理解しておいてください。

 

また、水道直結型のウォーターサーバーは、水道水を使うため基本的にキッチン周りに設置することになります。(※ただしホースを使うと延長可能)

 

その点も覚えておいてください。

 

ウォーターサーバーの水道水補充型のメリット・デメリットを比較

 

次に「水道水補充型(浄水型)」のメリット・デメリットを比較していきます。

 

◆メリットを比較

水道水補充型(浄水型)のメリット:設置場所の自由度が高い

 

◆デメリットを比較

水道水補充型(浄水型)のデメリット:タンクへの補充が手間に感じる

 

水道水補充型(浄水型)のメリットは、ウォーターサーバー本体の置き場所が自由なことです。

 

水道水をろ過する水道直結型の水道水ウォーターサーバーは、どうしても置ける範囲が限られてしまいます。

 

ですが水道水補充型(浄水型)の方は、電源コードさえあれば場所を気にせず設置できます。

 

そのため「リビングや寝室に水道水ウォーターサーバーを設置したい」などの場合に便利です。

 

また「隣の部屋や2階の部屋に水道水をろ過するウォーターサーバーを置きたい」という場合にも、水道水補充型(浄水型)の水道水ウォーターサーバーが役立ちます。

 

一方で、水道水補充型(浄水型)のデメリットはタンクへの注水が必要な点です。

 

水道水をろ過する水道水補充型(浄水型)のタンクは通常3~5Lとなっており、意外と入りそうに感じるかもしれません。

 

ですが、頻繁にお水を飲むようだとなくなるのは案外早いです。お水がなくなったら、その都度水道水を汲んできて補充しなくてはいけないのがデメリットです。

 

忙しいときなどは忘れてしまうこともあるでしょう。その結果「飲むのが面倒になった」ということも考えられますので、その点は水道水ウォーターサーバーのデメリットです。

 

他にも水道水補充型(浄水型)は、注水時にお水がこぼれた場合その掃除がデメリットです。そう考えると、水道直結型の水道水ウォーターサーバーの方が扱いやすいといえます。

 

水道水の補充がデメリットに感じる場合は同じく水道水をろ過する水道直結型を、またサーバーの置き場所を気にしたくないようなら、水道水補充型(浄水型)の水道水ウォーターサーバーをそれぞれ選んでみてください。

 

ウォーターサーバーの不純物除去率とは?

 

水道水をろ過するウォーターサーバーを利用する上で覚えておいてほしいのは「不純物除去率」の表示です。

 

水道水をろ過するウォーターサーバーは、宅配型のウォーターサーバーと異なり内部にフィルター(カートリッジ)が組み込まれています。

 

そのフィルターによって水道水に含まれる不純物をろ過するわけです。

 

多くの水道水ウォーターサーバーを見てみると「不純物除去率80%」と記載されています。「80%って低くないの?」「デメリットではないの?」と感じる人もいるでしょう。

 

この数値に関しては、家庭用品品質表示法の定めにより「80%を超える除去率で不純物が取り除かれていれば」そのように表示されます。

 

つまり例え99%の除去率だったとしても同様の記載です。そのためデメリットではありません。

 

ただし、近年他メーカーとの差別化を図るため「不純物除去率99%」と表示している水道水ウォーターサーバーも出てきました。

 

参考に水道水ウォーターサーバー各社の表示を見てみましょう。

 

  • 楽水ウォーターサーバー:80%
  • ウォータースタンド:99%
  • エブリィフレシャス:80%
  • ハミングウォーター:80%

 

各水道水ウォーターサーバーで違いはありますが、いずれにしても各メーカーの製品は厳しい検査に合格していることが証明しています。そのため安心して利用してください。

 

水道水ウォーターサーバーでかかる料金を解説

 

「水道水を浄水するウォーターサーバーの特徴はわかったけど、価格も知りたい」という声もあるでしょう。

 

そこで水道直結型と水道水補充型(浄水型)の、各水道水ウォーターサーバーでかかる価格の違いを解説します。

 

①:水道直結型の料金

 

まずは、水道水を浄化するウォーターサーバーの中でも「水道直結型」の料金から見ていきます。

 

サーバーレンタル代 2,200円(税込)~
電気代 1,000円程度
初回工事費 9.900円(税込)~
メンテナンス代 0円
フィルター交換 0円
ウォーターサーバー配送料 0円

 

これらの金額の他水道水の使用料がかかってきます。まずレンタル代ですが、表で取り上げている2,200円(税込)はウォータースタンドのMATEの料金です。

 

MATEは、水道直結型の水道水ウォーターサーバーの中でも特にお得な料金です。ただし常温水にしか対応していない点はデメリットです。

 

ウォータースタンドの中でも、冷水・温水が使えるタイプの水道水ウォーターサーバーだと「税込4千円ほど」かかります。

 

その他水道直結型の水道水ウォーターサーバーの料金には、初回の設置工事費がかかるのもデメリットです。表の9,900円(税込)はウォータースタンドの初回設置費です。

 

他にも例えば楽水ウォーターサーバーだと、13,200円(税込)の高額な初期費用がデメリットです。

 

工事費については配送型のウォーターサーバーだとかからないため、その点は水道直結型のネガティブな点です。

 

この他「冷水・温水」に対応した水道水ウォーターサーバーだと電気代が発生します。金額はひと月1,000円程度です。

 

ちなみに、常温水のMATEについては電気を使いませんので、電気代も発生しません。その点では常温水のみの水道水ウォーターサーバーがメリットです。

 

その他、水道直結型では浄水用のフィルター(カートリッジ)が必要になります。こちらはほとんどの水道水ウォーターサーバーで無料となっています。

 

②:水道水補充型ウォーターサーバーの料金

 

次は「水道水補充型(浄水型)」の水道水を浄水するウォーターサーバーの料金も見ていきます。

 

サーバーレンタル代 3,300円(税込)~
電気代 1,000円程度
初回工事費 0円
メンテナンス代 0円
フィルター交換 0円
ウォーターサーバー配送料 0円

 

水道水補充型(浄水型)のウォーターサーバーも、この他水道代が別途かかります。

 

水道水補充型(浄水型)の料金設定は、水道直結型の水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーと比べてよりシンプルです。

 

基本的に電気代の他、ウォーターサーバーのレンタル代しか発生しません。上の表の3,300円(税込)は、水道水補充型(浄水型)ウォーターサーバーのエブリィフレシャスの料金です。

 

他の水道水補充型(浄水型)のウォーターサーバーでも、レンタル代は同じくらいかかります。電気代も、水道直結型のウォーターサーバーと同じくひと月1,000円程度と考えてください。

 

ただし、例えば浄水型のエブリィフレシャスのように省エネ対応のウォーターサーバーだと、ひと月360円ほどで利用できます。

 

水道水補充型(浄水型)では取り付け工事が必要ないため、初回の工事費はかかりません。その点は水道直結型のウォーターサーバーと比較したメリットです。

 

また水道水補充型(浄水型)のウォーターサーバーでも、メンテナンス代やフィルター交換代は基本無料です。

 

水道水ウォーターサーバーの実際の口コミを紹介

 

水道水ウォーターサーバーをこれから利用したいと思っている人の中には「口コミが知りたい」という人もいるでしょう。

 

そこで水道水ウォーターサーバーを実際に利用している人の口コミをまとめました。なお、ここでは代表して水道直結型のウォータースタンドの口コミを掲載しています。

 

おいしさや、宅配型ウォーターサーバーと比較した際の使い勝手については他の水道水ウォーターサーバーと共通しているので、ぜひ参考にしてください。

 

良い口コミを紹介

 

“妊娠をきっかけに胎児の安全のことを考えて、口コミ・評判の良かったこちらを選びました。水道直結型サーバーなので、料理はもちろん野菜を洗う時にも残量を気にすることなく気軽に利用できるのが嬉しいです。”
出典:みん評

 

“口コミで解約する人がほとんどいないと聞き、健康のことを考えて設置してみました。水道水からおいしい水がすぐに出るので、とても使いやすいです。”
出典:みん評

 

“いざ使ってみると定額制なのでどれだけの水を使用しても、水の量を気にせずに使うことが出来節水にもなります。さらに水自体も通常の水道水よりおいしく感じました。”
出典:みん評

 

悪い口コミを紹介

 

“水道直結ということもあり、味の質はほかのウォーターサーバー系に比べると微妙かな?と思うときはあります(常温の時)。”
出典:みん評

 

口コミの結果からわかったこと

 

水道水をろ過するウォーターサーバーの口コミを見てもらいました。良い口コミで多かったのが「お水の残量を気にしなくてよい」というものや「おいしい」というものです。

 

やはり、お水の注文が必要ない水道水ウォーターサーバーだと「気にせず飲めるのが魅力」と感じている人が多いようです。

 

一方悪い口コミでは「他のウォーターサーバーと比べて微妙…」というコメントがみられました。

 

その点仕方がないともいえます。自然のミネラルが豊富な天然水と水道水ウォーターサーバーを比較すると、やはりおいしさの面では劣ると感じる人も多いでしょう。

 

ですが水道水ウォーターサーバーの大半の口コミは「おいしい」というものだったので、利用して後悔することはないでしょう。

 

ぜひ前向きに利用してみてください。

 

水道水ウォーターサーバーの4つのメリットを解説

 

ここまで水道水をろ過するウォーターサーバーの特徴や料金を見てもらいましたが「メリット」についても見ていきましょう。

 

メリット①:水道水ウォーターサーバーは毎月定額料金で利用できる

 

水道水をろ過するウォーターサーバーのメリットは「毎月定額料金で利用できること」です。配送型のウォーターサーバーだと、毎回のお水の消費量によって金額が変わってしまいます。

 

一方お水注文が必要ない水道水をろ過するウォーターサーバーだと、初回の費用はかかってしまいますが、電気代を除いて月々に支払う料金はウォーターサーバーのレンタル代だけです。

 

また、配送型のウォーターサーバーだとお水購入のノルマもありますが、当然水道水をろ過するウォーターサーバーにはありません。

 

利用する人数が何人であっても、お水の量を気にせず飲めるのは水道水ウォーターサーバーの魅力です。

 

参考に、水道水をろ過するウォーターサーバー各社の毎月のサーバーレンタル代をまとめたのでみてください。

 

サーバーレンタル代(税込) タイプ
楽水ウォーターサーバー 3,278円/月

(ピュレスト)

水道直結型
ウォータースタンド 3,850円/月

(ネオ)

水道直結型
Kirala Water 5,478円/月

(ヌゥーボ)

水道直結型
ハミングウォーター 3,300円/月

(フローズ)

水道水補充型(浄水型)
エブリィフレシャス 3,300円/月

(トール)

水道水補充型(浄水型)

 

水道水ウォーターサーバーのレンタル代はおよそ3千円~利用できる感じです。

 

比べてみるとわかりますが、水道直結型と水道水補充型(浄水型)の各ウォーターサーバーのレンタル代にそこまで違いはありません。

 

なにより「ウォーターサーバーの料金は月々一定がいい」という場合は、水道水ウォーターサーバーを選んでみてください。

 

メリット②:水ボトルの交換や注文のわずらわしさがない

 

水道水ウォーターサーバーのメリットは「水ボトルの交換や注文のわずらわしさがないこと」です。

 

水道水を使用するため、配送型のように定期的にお水を交換する必要もありません。

 

配送型のウォーターサーバーでは、通常12Lボトルを採用しているところが多いため、お水がなくなった際の交換が負担に感じる場合があります。

 

ウォーターサーバーによっては7Lボトルなども用意されていますが、全くお水交換の必要がない水道水ウォーターサーバーの方が、より利便性は高いです。

 

また、当然水道水ウォーターサーバーはお水の注文も不要です。「ウォーターサーバーをより楽に使いたい」という場合は、水道水ウォーターサーバーを利用してください。

 

なお水道水ウォーターサーバーの中でも水道水補充型(浄水型)だと、タンクにお水を入れる手間があります。

 

その点に不便さを感じるなら、水道直結型の水道水ウォーターサーバーがおすすめです。

 

メリット③:水道水はゴミが出ないため使いやすい

 

水道水ウォーターサーバーのメリットは「空ボトルのゴミがでないため楽に使えること」です。

 

水道水ウォーターサーバーでは、水道直結型・水道水補充型(浄水型)のどちらも水ボトルは不要です。そのため空ボトルの処分に頭を悩ます必要がありません。

 

お水の配送型ウォーターサーバーだと、場合によっては空になったボトルを返却しなくてはいけません。

 

すぐに捨てられるならまだしも、返却が必要な場合は空ボトルを回収まで保管しておくスペースが必要です。水道水ウォーターサーバーなら、いずれの悩みも関係ありません。

 

「ウォーターサーバーを使いたいけど、空ボトルの処分は面倒」という場合は、ぜひ水道水ウォーターサーバーを利用してみください。

 

メリット④:水道水のサーバーは冷水・温水が使える

 

水道水ウォーターサーバーのメリットは「冷水と温水が利用できること」です。

 

水道水ウォーターサーバーを初めて使う人の中には「温水も使えるの?」という疑問を持っている方も少なくありません。

 

実際に利用できるかどうかは、水道水ウォーターサーバーの製品にもよります。ですが、たいていは冷水・温水ともに利用できると考えてください。

 

なおその条件は水道直結型だけでなく、水道水補充型(浄水型)のウォーターサーバーでもいえることです。「どちらか一方は使えない」ということはありませんので安心してください。

 

また、ウォータースタンドのネオや、ガーディアンのように冷水・温水だけでなく「常温水」に対応した水道水ウォーターサーバーが多いです。

 

参考に、各水道水ウォーターサーバーが対応しているお水の種類を見てみます。

 

← 横スクロールできます →
利用できるお水の種類 タイプ
楽水ウォーターサーバー Purest:冷水・温水・常温水 水道直結型
ウォータースタンド メイト:常温水

ネオ:冷水・温水・常温水

トリニティ:冷水・常温水

水道直結型
Kirala Water ヌゥーボ:冷水・温水・常温水

ルッソ:冷水・温水

水道直結型
ハミングウォーター フローズ:冷水・温水・常温水 水道水補充型
エブリィフレシャス トール:冷水・温水・常温水

ミニ:冷水・温水

水道水補充型

 

ほとんどの水道水ウォーターサーバーが冷水・温水・常温水に対応しています。

 

ただし、ウォータースタンドのメイトのように常温水にしか対応していないウォーターサーバーや、一方でKirala Waterのルッソのように常温水が利用できない場合もあります。

 

まずは、水道水ウォーターサーバーで何を利用したいかを考え、その上で目当ての温度に対応した製品を選ぶようにしてください。

 

水道水ウォーターサーバーの3つのデメリットを解説

 

お水を購入する必要がない便利な水道水ウォーターサーバーですが、一方でデメリットもあります。ここでお伝えする3つの内容を覚えておいてください。

 

デメリット①:契約するサーバーによっては工事が必要

 

水道水ウォーターサーバーのデメリットは「工事が必要になる場合がある」です。水道水ウォーターサーバーのうち、水道直結型は事前の設置工事を必要とするのがデメリットです。

 

水道直結型は、水道管を分岐させてサーバーとつなげる仕組みだからです。同様に解約の際も撤去の工事が入ります。その点にデメリットを感じる場合は避けた方がよいでしょう。

 

ただし、設置は分岐部品を取り付けるだけの工事なので、それほど時間がかからない点はデメリットではありません。

 

およそ30分~1時間程度と考えておいてください。またその際の工事費はおよそ1万円です。

 

工事と聞くと「賃貸だけど大丈夫なのかな?」「デメリットではないの?」という疑問もあるかもしれません。ですが、賃貸だから利用できないということはありませんので安心してください。

 

ここで参考に、水道直結型の水道水ウォーターサーバー「楽水ウォーターサーバー」の申し込みから利用開始までの流れを紹介します。

 

  1. Webフォームから申し込む
  2. 決定した設置日時にウォーターサーバーを発送
  3. 設置委託業者訪問(工事約1時間)
  4. 利用開始

 

以上の流れです。楽水ウォーターサーバーの場合、申し込みから最短1週間程度で水道水ウォーターサーバーが利用できるようになります。

 

なお「工事のデメリットがいやだ」という場合は、工事不要のハミングウォーターなどの水道水補充型(浄水型)を選んでください。

 

デメリット②:水道水サーバーは天然水が飲めない

 

水道水ウォーターサーバーのデメリットは「天然水が飲めないこと」です。水道水ウォーターサーバーでは、水道水を原水としているため当然天然水ではありません。

 

味の感じ方は人それぞれですが、水道水ウォーターサーバーは専用フィルターで不純物や塩素を徹底して取り除いているため、クセがなくさっぱりしているのが特徴です。

 

ちなみに、宅配型ウォーターサーバーのお水には天然水やRO水があります。天然水の味は採水地によって多少異なりますが、口当たりやわらかくまろやかな印象です。

 

RO水は超微細なRO膜(フィルター)でろ過したクリアなお水です。こちらも水道水ウォーターサーバーと似た感じでさっぱりしています。

 

「ウォーターサーバーのお水は天然水でなければおいしくない」ということは全くありません。水道水ウォーターサーバーでもおいしく飲めます。

 

そのため水道水ウォーターサーバーのメリットである「お水交換不要」や「毎月の支払い額が一定」など、その点に魅力を感じたら利用してみてください。

 

デメリット③:災害時に利用できない場合がある

 

水道水ウォーターサーバーのデメリットは「災害時に利用できない場合がある」です。

 

水道水ウォーターサーバーは水道水を使用するため、万が一の災害が発生した際に利用できなくなる恐れがあります。特に水道直結型は水道水が復旧するまでは厳しいです。

 

一方で各ライフラインは電気・水道・ガスと順番に復旧していきますので、電気が通れば水道水ウォーターサーバーは動きます。

 

そのため、給水車や給水所から水をもらってくれば、水道水補充型(浄水型)のウォーターサーバーならその時点で使える可能性があります。

 

一方で「宅配型のウォーターサーバーなら災害時でも使えるの?」という疑問もあるかもしれません。

 

実は宅配型ウォーターサーバーも、基本的に停電時には使えない製品が多いです。

 

ただし宅配型ウォーターサーバーの場合、水ボトルをストックしておけば災害時でも利用できるのでその点はメリットです。

 

水道水ウォーターサーバーの3つの選び方

 

ここまで水道水ウォーターサーバーのメリットやデメリットをお伝えしてきましたが「実際の選び方がわからない」ということもあるかもしれません。

 

そこで水道水ウォーターサーバーの選び方もお伝えするので見てください。

月額料金で決める

 

水道水ウォーターサーバーを「月額料金」で決めるのも1つです。というのも、水道水ウォーターサーバーのサーバーレンタル料金は各メーカーで異なります。

 

月々の支払いを抑えたいなら、毎月の支払いが安い水道水ウォーターサーバーを選びましょう。

 

ただし、あまりにも安い水道水ウォーターサーバーだと、温水が使えないなどのデメリットがあるので気を付けてください。

 

温水・冷水・常温水のそれぞれに対応し、月々のサーバーレンタル代がお得な水道水ウォーターサーバーには、例えば「楽水ウォーターサーバー(3,278円/月)」などがあります。

 

「月額料金の安さにこだわりたい」という場合は選んでみてください。

 

なお、水道直結型の楽水ウォーターサーバーでは、初回1万円ほどの工事費用がかかるのでその点は注意です。

 

 

サーバーの設置場所やサイズで決める

 

水道水ウォーターサーバーを選ぶ際は「設置場所やサイズ」を考えましょう。水道水ウォーターサーバーの本体はどのメーカーも同じサイズではありません。

 

水道水ウォーターサーバーの設置を計画している場所に、置けないサイズの製品を選んでも仕方がありません。

 

ウォーターサーバーには、水道水ウォーターサーバーに限らず「床置き型」と「卓上型」のタイプがそれぞれあるのを覚えておいてください。

 

床置き型というのは、直接床に置くタイプの水道水ウォーターサーバーです。もっともポピュラーな形なので、これまで目にしたことがあるかもしれません。

 

 

一方卓上型というのは、キッチンや机の上に置ける小型タイプの水道水ウォーターサーバーです。

 

 

床置き型と卓上型のどちらのタイプが良いかは人によって異なります。

 

ですが「ウォーターサーバーの置き場所に余裕がない」という場合には、卓上型の水道水ウォーターサーバーがおすすめです。

 

床置き型と卓上型のおすすめの設置場所は下記の通りです。

 

◆床置き型水道水ウォーターサーバーのおすすめの設置場所

  • キッチン
  • 寝室
  • リビング

 

◆卓上型の水道水ウォーターサーバーのおすすめの設置場所

  • キッチン
  • 寝室
  • 書斎
  • ダイニングテーブル
  • サイドテーブル

 

床置き型の水道水ウォーターサーバーの置き場所は限られてしまいますが、卓上型ならあらゆる場所に設置できるのがメリットです。

 

サーバーのデザインで選ぶ

 

水道水ウォーターサーバーを選ぶ際は「デザイン」にも注目しましょう。「美味しいお水が飲めればデザインなんて何でもいい」という人もいるかもしれません。

 

ですが、あまりに好みでないデザインの水道水ウォーターサーバーだと、使う頻度も減っていってしまうかもしれません。

 

また、おしゃれな水道水ウォーターサーバーなら、遊びにきたお友達に自慢できます。それらのことを考えると、水道水ウォーターサーバーのデザインにも注目したいところです。

 

例えばおしゃれな水道水ウォーターサーバーには、ウォータースタンドの「ガーディアン」があります。

 

 

また、ウォータースタンドの「アイコン」もスタイリッシュでおしゃれです。

 

 

おしゃれな水道水ウォーターサーバーなら、お部屋のインテリアとしても申し分ありません。ぜひその点にも注目してみてください。

 

水道水ウォーターサーバーのおすすめ比較ランキングTOP5

 

水道水ウォーターサーバーといっても1社から提供されているわけではないため、どれを選べばよいかは迷ってしまうはずです。

 

そこでここでは、総合的に水道水ウォーターサーバーを比較しおすすめを5つ紹介します。
卓上型やサーバーレンタル料金を比較しましょう。

 

1位:ピュレスト(楽水ウォーターサーバー)

← 横スクロールできます →
サーバーレンタル料(税込) 3,278円/月
初期費用(税込) 13,200円
電気代 約800円/月
フィルター交換費用 無料(6ヶ月に1度)
対応しているお水の温度 冷水・常温水・温水
サーバータイプ 水道直結型
本体サイズ 床置き型:H1,050mm×W320mm×D350mm

卓上型:H480mm×W300mm×D400mm

支払方法 クレジットカード

口座振替

 

水道水をろ過するウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング1位は、楽水ウォーターサーバーの「ピュレスト」です。

 

楽水ウォーターサーバーというメーカーをはじめて聞くかもしれませんが、水道直結型では人気があります。

 

特に、ウォーターサーバーのレンタル料金が安いのがメリットです。

 

一方、初期費用については初回工事費を含め13,200円(税込)となっており、安いようには感じません。

 

ただ、水道水ウォーターサーバーのピュレストをあなた自身で設置できるなら、初期費用は5,500円(税込)に抑えられるため安いです。

 

DIYに自身があるなら自分で行うのもありです。

 

なお、ピュレストは冷水・常温水・温水に対応しています。また、床置き型だけでなくコンパクトな卓上型を選べるのもメリットです。

 

卓上型ならキッチン周りに余裕がなくても比較的置きやすいのでおすすめです。

 

またフィルター交換は無料、その他支払方法はクレジットカードと口座振替の両方が選べます。

 

料金と使いやすさで選ぶなら楽水ウォーターサーバーがおすすめです。ぜひ公式ページもチェックしてみてください。

 

 

2位:ネオ(ウォータースタンド)

← 横スクロールできます →
サーバーレンタル料(税込) 3,850円/月
初期費用(税込) 9,900円
電気代 約859円/月
フィルター交換費用 無料(6ヶ月に1度)
対応しているお水の温度 冷水・常温水・温水
サーバータイプ 水道直結型
本体サイズ H500mm×W260mm×D505mm
支払方法 クレジットカード

 

水道水をろ過するウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング第2位は、ウォータースタンドの「ネオ」です。

 

水道水ウォーターサーバーの中でもおしゃれな製品が多いウォータースタンドですが、特にネオはスタイリッシュでコンパクトな卓上型のウォーターサーバーです。

 

卓上型なのでウォーターサーバーの設置場所が柔軟です。

 

ちなみに、ウォータースタンドでは初期費用(設置費用)が9,900円(税込)かかりますが、サブタンク付きのエコサーバーネオで利用すれば無料です。

 

そのため安い方がよいという場合はは利用してみてください

 

興味がある場合はそちらも検討してみてください。

 

また、フィルター交換は無料です。「水道水ウォーターサーバーは安い方がいい」という場合はネオをおすすめします。

 

なお、水道水ウォーターサーバーのウォータースタンドは水道直結型です。卓上型のコンパクトですが、基本的にはシンク周りに設置する感じです。

 

ただし、最大10メートルまでは延長できます。

 

メリットの多いネオですが、個人で利用する際は支払方法がクレジットカード払いに限られてしまいますので、その点は注意してください。

 

ネオに興味を持ったなら、ウォータースタンドの公式ページもチェックしてみましょう。

 

 

3位:フローズ(ハミングウォーター)

← 横スクロールできます →
サーバーレンタル料(税込) 3,300円/月
初期費用(税込) -
電気代 約475円/月
フィルター交換費用 無料(6ヶ月に1度)
対応しているお水の温度 冷水・常温水・温水
サーバータイプ 水道水補充型
本体サイズ H1,200mm×W260mm×D370mm
支払方法 クレジットカード

 

水道水をろ過するウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング第3位は、ハミングウォーターの「フローズ」です。

 

ハミングウォーターはこれまで紹介してきた水道直結型ではなく「水道水補充型(浄水型)」のウォーターサーバーです。また本製品は卓上型ではなく床置き型です。

 

フローズをおすすめする理由は、初回のみ出荷手数料の2,200円(税込)はかかりますが、高額な設置費用が無料という点です。つまり他と比べると初回の費用が安いのが魅力です。

 

他にもフィルターの交換代もかかりません。そしてフローズは電気代が安い水道水ウォーターサーバーとしてもメリットです。

 

通常ウォーターサーバーの電気代はひと月1,000程度しますが、フローズは約475円で利用できるため安いです。なおお水の温度は冷水・常温水・温水が使えます。

 

水道水補充型(浄水型)のためお水を入れる負担はありますが「とにかく無駄な支払いはしたくない」や「電気代は安い方がいい」という場合にはフローズがおすすめです。

 

ただし、フローズはコンパクトな卓上型ではなく床置き型なので好き嫌いがわかれるかもしれません。

 

いずれにしても興味のある場合は、ハミングウォーターの公式ページでもチェックしてみてください。

 

 

4位:エブリィフレシャスミニ(エブリィフレシャス)

← 横スクロールできます →
サーバーレンタル料(税込) 3,300円/月
初期費用(税込) -
電気代 約410円/月
フィルター交換費用 無料(6ヶ月に1度)
対応しているお水の温度 冷水・常温水・温水
サーバータイプ 水道水補充型(浄水型)
本体サイズ H470mm×W250mm×D295mm
支払方法 クレジットカード

 

水道水をろ過するウォーターサーバーのおすすめ比較ランキングの第4位は、エブリィフレシャスの「エブリィフレシャスミニ」もコンパクトでおすすめです。

 

ちなみにプレシャスではなくフレシャスです。

 

エブリィフレシャスは、水道水ウォーターサーバーのうち水道水補充型(浄水型)のウォーターサーバーです。なお本製品はどこにでも置きやすい卓上型です。

 

エブリィフレシャスミニは、ハミングウォーターのフローズと同様、ひと月の電気代が安いので注目してください。わずか410円ほどで済みます。

 

その他ウォーターサーバーの設置やフィルター交換は無料で済みます。

 

水道水ウォーターサーバーの中でもより安い料金で利用できるのは、エブリィフレシャスに限らず水道水補充型(浄水型)のメリットです。

 

また、エブリィフレシャスミニはデザインも悪くありません。シンプルでありながら洗練さされており、飽きのこないデザインです。

 

「安いウォーターサーバーを探している」「おしゃれなウォーターサーバーが欲しい」という場合は、エブリィフレシャスミニもおすすめです。

 

エブリィフレシャスに興味がある場合は、公式ページもチェックしてみてください。

 

 

5位:ガーディアン(ウォータースタンド)

 

← 横スクロールできます →
サーバーレンタル料(税込) 4,400円/月
初期費用(税込) 9,900円
電気代 約150円/月
フィルター交換費用 無料(6ヶ月に1度)
対応しているお水の温度 冷水・常温水・温水
サーバータイプ 水道直結型
本体サイズ H471mm×W230mm×D230mm
支払方法 クレジットカード

 

水道水をろ過するウォーターサーバーのおすすめ比較ランキングの第5位は、こちらもウォータースタンドのコンパクトな「ガーディアン」です。

 

ウォータースタンドは、水道水ウォーターサーバーの中でもおしゃれな製品が多いので人気があります。ちなみに本製品は卓上型です。

 

なお、ガーディアンはデザインがよいだけでなく電気代が安いのもメリットです。ひと月わずか「150円ほど」しかかかりません。

 

月額料金は税込4千円を超えるため他と比べて安いとはいえませんが、電気代の安い方がよいというなら、おすすめの水道水ウォーターサーバーです。

 

その他6ヶ月に1度のフィルター交換は無料でやってくれます。

 

ここまで読んでみて水道水ウォーターサーバーのガーディアンに興味を持ったなら、ぜひおすすめのウォータースタンドの公式ページもチェックしてみてください。

 

 

まとめ

 

今回は、ウォーターサーバーの中でも水道水を使用する水道水ウォーターサーバーについてお伝えしてきました。

 

お水の交換がないため、宅配型ウォーターサーバーと比べて「なるべく手間をかけずに使いたい」という人におすすめです。

 

なお、水道水ウォーターサーバーには水道直結型と水道水補充型(浄水型)があるので、自身の使いやすい製品を選びましょう。

 

中でも月々のサーバーレンタル代の安さや、口座振替そして卓上型に対応しているなどメリットの多い「楽水ウォーターサーバー」はおすすめです。

 

「水道水ウォーターサーバーをはじめて使う」という場合は、ぜひ楽水ウォーターサーバーに注目してください。本記事と併せて公式ページもチェックしてみましょう。

 

Vettaおすすめママのためのウォーターサーバー3選

プレミアムウォーター

スタンダードなものからcado、amadanaなどのコラボデザインサーバーも選べるプレミアムウォーター。

実は天然水サーバーの中ではお水代金がダントツに安いんです。子育て家庭を応援するマムクラブを利用すればもっとお得に利用できます。

おしゃれなサーバーをリーズナブルに利用したい人にオススメです!

デザイン ★★★★★ デザインサーバー多数
シンプルなものからコラボデザインまでたくさんのサーバーから選べます

水の料金 ★★★★☆ 天然水ウォーターサーバーの中ではお得な値段、5歳以下のお子さんがいる場合は24リットルで税込3,283円で利用できます(500mlあたり税込68円)

電気代  ★★★★☆ 通常時約630円、エコモード使用時で約500円となっており利用しやすい値段

水の交換 ★★★★☆ ウォーターパックは下置きタイプのため女性でも比較的交換しやすい。また持ち手(取っ手のようになったテープがついている)のあるのも便利

コスモウォーター

天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

コスモウォーターのSmartプラスは、シンプルなデザインでありながらホワイトや木目調、ピンクなど5種類のカラーから選べます。

飽きの来ないデザインだから長く使えて便利。天然水は新鮮なお水を採水地から48時間以内にスピード発送されます。

徹底した水質管理を行っているので、小さなお子さんから大人まで安心して飲めるお水です。

デザイン ★★★★☆ 5種類のカラーから選べるのがうれしい。グッドデザイン賞を受賞している納得のデザインです

水の料金 ★★★☆☆ 汲みたて新鮮な天然水を48時間以内に出荷。値段は24lで税込4,104円。500mlあたりは税込86円となっており、天然水のウォーターサーバーの中では一般的な値段

電気代  ★★★★★ Smartプラスの1ヶ月の電気代は約400円~500程度。使用頻度にもよりますが、ウォーターサーバーの中でも比較的電気代は抑えられます

水の交換 ★★★☆☆ お水は下置きタイプなので女性でも簡単に交換できます。ボトルを乗せるバスケットは取ってもついているので片手でも扱えます

楽水

楽水は、水道水からお水を直接引っ張ってくる水道直結型のウォーターサーバーです。最大の特徴はお水の購入が必要ないため、いつでも飲み放題ということです。

いつでも浄水されたお水が飲めるので、赤ちゃんのミルク作りにももちろん使えます。面倒なボトル交換や、保管場所を気にしたくないという方におすすめです。

料金はサーバーレンタル代のみで月額3,278円(税込)から使えます。毎回お水を購入したくないという方はぜひ利用しましょう!

デザイン ★★★★☆ シンプルなデザインです。据置型と卓上型があるので置き場所に合わせて選びましょう

水の料金 ★★★★★ 水道水を使用するためお水の購入は必要ありません。毎月の支払いはサーバーレンタル代だけです

電気代  ★★★☆☆ 料金は公表されていませんが約500円~1,000円程度と考えてください

水の交換 ★★★★★ 水道水を使うのでお水の交換は不要です。楽したい方におすすめです

-取扱メーカー
-, ,

Copyright© Vetta【ヴェッタ】ウォーターサーバー選び方ガイド , 2022 All Rights Reserved.