ママにおすすめの人気ウォーターサーバーの選び方、比較サイト

Vetta【ヴェッタ】ウォーターサーバー選び方ガイド

特集

プレミアムウォーターの天然水「非加熱処理のナチュラルミネラルウォーター」とは?

更新日:

ペットボトルのミネラルウォーター

ミネラルウォーターのパッケージを見ると、産地やミネラル分が記載されていますが、加熱殺菌されているかどうかについては詳しくわからないことが多いですよね。コンビニなどで手に入る国産のミネラルウォーターだと、ほとんどが加熱殺菌されています。

この記事では、加熱殺菌と非加熱殺菌の違いや、非加熱殺菌のナチュラルミネラルウォーターを扱っているプレミアムウォーターについてまとめています。

なぜ加熱処理をしているのか?加熱・非加熱の違いは?

私達が普段飲んでいる飲料水や水道水は、すべて殺菌処理されています。
殺菌方法には、加熱殺菌やオゾン殺菌など色々な種類がありますが、最も一般的なものは加熱殺菌です。

簡単に、加熱殺菌と非加熱殺菌の違いをまとめてみます。

加熱殺菌

日本で販売されているミネラルウォーターは食品衛生法に基づいて加熱殺菌されているものがほとんどです。
加熱の方法は食品衛生法で、85℃で30分間加熱することが規定されています。

殺菌にあつては,その中心部の温度を 85℃で 30 分間加熱する方法
又はこれと同等以上の効力を有する方法で行うこと

厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000069964.pdf)

安全で簡単に殺菌できるのがメリットですが、加熱によってミネラル成分や美味しさが損なわれてしまうのがデメリットです。

非加熱殺菌

加熱をしないため、ミネラルや美味しさそのままの天然水を楽しめるというのが最大のメリットです。

水の美味しさに重要な溶存酸素が「非加熱処理」では減少しないため、天然水本来の口当たりの良さ、まろやかさが、お水のおいしさを引き立てます。加熱処理は低コストで生産管理を行う事ができますが、お水のおいしさを引き立てる溶存酸素が激減してしまいます。「非加熱処理」は生産管理が難しく、コストも掛かります

プレミアムウォーター(https://premium-water.net/water#water-01

というように、非加熱殺菌のミネラルウォーターを販売するには、採水したお水や、お水を詰める工場の設備が厳しい基準をクリアしている事が前提となります。その上で、加熱のかわりにオゾン殺菌や紫外線殺菌などの方法で殺菌処理をして、ボトルに詰められています。

厚生労働省の定める規格の一部ですが、

a 原水は,自然に,又は掘削によつて地下の帯水層から直接得られる鉱水のみとし,泉源及び採水地点の環境保全を含め,その衛生確保に十分に配慮しなければならない。
b 原水は,その構成成分,湧出量及び温度が安定したものでなければならない。
c 原水は,人為的な環境汚染物質を含むものであつてはならない。ただし,別途成分規格が設定されている場合にあつては,この限りでない。
d 原水は,病原微生物に汚染されたもの又は当該原水が病原微生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を含むものであつてはならない。
e 原水は,芽胞形成亜硫酸還元嫌気性菌,腸球菌,緑膿のう菌及び大腸菌群が陰性であり,かつ,1ml 当たりの細菌数が5以下でなければならない。この場合の,芽胞形成亜硫酸還元嫌気性菌,腸球菌,緑膿のう菌及び大腸菌群の試験法並びに細菌数の測定法は,次のとおりとする。

厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000069964.pdf)

というように、原水についてもかなり厳しい基準と調査方法が掲載されています。

非加熱の天然水を入手するには?

市販のペットボトルで非加熱処理のミネラルウォーターには、白神山地の水、阿蘇のメイスイ、蔵王湧水などのブランドがありますが、コンビニやスーパーでは手軽に手に入らないかもしれませんので入手は通販がメインとなります。

ウォーターサーバーで非加熱処理のミネラルウォーターを使っているのは、プレミアムウォーターフレシャスになります。

コストはRO水(ろ過した水道水である場合が多いです)のウォーターサーバーよりも若干高くなりますが、その分ミネラルも豊富で味も美味しいので納得の値段だと思います。

続けて飲むとわかる非加熱ミネラルウォーターのおいしさ

ペットボトルのミネラルウォーターを飲む

管理人はプレミアムウォーターでミネラルウォーター生活していますが、ナチュラルミネラルウォーターを飲んでいると水道水が飲めなくなります。

今までは気づかなかったサビ臭さ、苦味が「これ飲んで大丈夫なの…?」という不安につながり、飲んだ後なんだか微妙な気持ちになってしまうようになりました。

沸かすことでさらに有害物質が濃くなってしまうことも知ってしまったので、「沸かして殺菌して飲もう(沸かせばいいと思っていた)」という気持ちにもならないです。(詳細はこちらのウォーターサーバー本体の安全対策と飲料するお水の安全性をご覧ください)

のどがかわいた時や、お風呂のあとにプレミアムウォーターのお水を飲むと、体にぐんぐん染みこむ感じと、素直に「美味しい!」という気持ちになります。

なんといっても安心感がありますし、子供にも「お水飲んでおいで~」と気軽に声をかけることができて嬉しいです。

ぜひみなさんも非加熱処理のミネラルウォーターをいちど味わってみてください!

 

Vettaおすすめママのためのウォーターサーバー3選

フレシャス

フレシャス

おしゃれなデザインのサーバーを次々とリリースしているフレシャス。

美味しい天然水が飲めるのはもちろん、お部屋のインテリアにこだわりがあるおうちや、赤ちゃんや子どものいたずらを絶対に防ぎたいならフレシャスがおすすめです。

女性でも楽々交換できる少量パック、選べるデザインサーバー、子供のいたずらを防止する機能など、ママや家族のことをしっかり考えているメーカーです。

デザイン ★★★★★ どんなお部屋にもマッチするおしゃれなデザインサーバーが選べます

水の料金 ★★☆☆☆ ウォーターサーバーの中では平均的な値段、7.2リットルで1,247円、500mlあたり87円

電気代  ★★★★★ 省エネサーバー
エコモードで330円からと、他社サーバーに比べるとかなりの省エネ設計

水の交換 ★★★★★ 軽量パックで楽々
7.2リットルのビニールパックを本体上部に置くだけでセットできるので、重くなく簡単

アクアクララ

病院や公共施設、オフィスなどでよく見かけるアクアクララ。ウォーターサーバーの老舗メーカーです。

シンプルな従来タイプだけでなく、デザインサーバーも登場して家庭にもぴったりになりました。お水代がとにかくリーズナブルなので、値段を気にせずお水を飲めるのがうれしいですね。

赤ちゃんのいる家庭向けのプランなどもあり、色々とお金のかかる子育て中の家庭には特におすすめのメーカーです。

デザイン ★★★★☆ 好きな色を選べるデザインサーバーのほか、シンプルなタイプもあり

水の料金 ★★★★★ ウォーターサーバーの中では激安、12リットルで1,296円、500mlあたり76円となっています

電気代  ★★★★★ 超省エネサーバー
エコモードで350円程度と、業界最安値の省エネ設計です(アクアアドバンス)

水の交換 ★★★☆☆
12リットルボトルを持ち上げてセットするタイプなので、やや重さを感じますがケースがしっかりしていて持ちやすい

プレミアムウォーター

スタンダードなものからcado、amadanaなどのコラボデザインサーバーも選べるプレミアムウォーター。

実は天然水サーバーの中ではお水代金がダントツに安いんです。子育て家庭を応援するベビープランを利用すればもっとお得に利用できます。

おしゃれなサーバーをリーズナブルに利用したい人にオススメです!

デザイン ★★★★★ デザインサーバー多数
シンプルなものからコラボデザインまでたくさんのサーバーから選べます

水の料金 ★★★★☆ 天然水ウォーターサーバーの中ではお得な値段、12リットルで1,750円~(プラン・契約期間により割引率アップ)

電気代  ★★★☆☆ エコモードで約620円程度と、平均的な値段

水の交換 ★★★☆☆
ウォーターパックに持ち手(取っ手のようになったテープがついている)があるため、比較的交換しやすい

-特集
-, ,

Copyright© Vetta【ヴェッタ】ウォーターサーバー選び方ガイド , 2018 All Rights Reserved.